検索
  • Ai Tanaka

モテの大研究(完):実践②守破離(後半)

モテの大研究はこれが最終章です。

まずは、少し以前のお話を振り返ってみようと思います。


モテの大研究(1/3)モテる男の条件は、「自信」

ここでは、モテる男性と言われる構造を解説しました。モテる男性はライバルではなく味方です。彼らを知ることで、ターゲット(女性)へのアプローチ方法を知ります。


モテの大研究(2/3):自信のある男性がモテる理由

女性がなぜ自信がある男性が好きなのかという理由をお伝えしました。デート中に予期せぬことが起きた時どう反応すればいいのか?と戸惑った時に、基本となる女性の思考を知っていれば臨機応変に対応できるでしょう。

モテの大研究(3/3):実践① だからあなたはまだモテない。

モテたいと思う男性の多くが、実は女性目線からのアドバイズが入っておらず男性主体的な考え方で行動されていました。これでは女性は落ちません。女性を落とすなら、同性かのアドバイスが必要です。


モテの大研究(完):実践②守破離(後半)


守破離(しゅはり)

守破離は、モテの大研究で一番お伝えしたい言葉です。守破離は、日本の茶道や武道などの芸道・芸術における師弟関係のあり方の一つであり、それらの修業における過程を示したものです。(引用元:出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)


モテると言われている男性の行動を知り(これは、みなさんすでにインターネットやYoutubeでご存知だと思います)、実際にモデルとなる男性の女性のアプローチ方法にて実践がまずは必要になります。


守破離の修行過程:(引用元:シューワ株式会社http://www.shu-wa.jp/

守破離のモテ過程:(参考元:シューワ株式会社http://www.shu-wa.jp/

このモテ過程を踏むことが女性からモテる方法になります。


男性は本来猟師であったため、ターゲットを仕留める本能が備わっています。

しかし、時代が進むにつれ世の中の文明が進み狩りをする必要がなくなりました。スマートフォンがあれば画面の中で架空の女性と出会えリアルでない女性に恋をする男性も増えています。


女性は社会進出を促され、女性の意見を尊重する風潮があります。女性に少しでも強くものを言うと、モラハラだ、DVだと何かに関して自己主張が強くなってきています。その中で、女性とうまくやっていくためには男性が自分の気持ちを押し殺し「やさ男」になることで事をまわすようになってきてしまいました。


でも、それは仕事上や社会的での話です。私の勝手なワガママですが、恋愛においてはやはり男性がいつも強い猟師であってほしいと強く願います。


男性のモテたいという気持ちを応援しています。


デートコーチに質問があればいつでもご連絡ください。


20回の閲覧