検索
  • Ai Tanaka

婚活でも使える お受験のベストセラー:「育ちがいい人」だけが知っていること(後半)

「育ちがいい人」だけが知っていることの婚活に使える(前半)では、話し方をお伝えしました。後半は、誰もが一度は高級レストランなどで悩んだことがあるお食事です。


結婚をすればほぼ毎日一緒にする食事だからこそ気になってしまう点ありますよね。

食事の仕方が綺麗・汚いはただ単に「育ちが原因」なのでしょうか


どれだけ相手へに不愉快な思いをさせないかという配慮があるかないかの違いだと思います。大人のマナーは周りの人が気分良く過ごせるためにご自身がどのように振る舞えるかがとても重要だと思います。


例えば、後ほどご紹介しますがナイフの置き方は刃を内側に向けて置きます。それは相手を傷つけないようにするためです。


このように相手への配慮を軸に行動をすることが一番最初の大人のマナーへの取り組みかもしれません。


では、婚活で使える「育ちがいい人」だけが知っていること(後半)をお伝えします。


お食事

「お食事」時が、人の日常生活が垣間見れます。食事の仕方は、育ちがいいから悪いからとまとめることが出来ないくらい大人のマナーとして覚えていて欲しいことが多くあります。


食べている時に口を開かない、クチャクチャ音を立てないは皆さんご存知だと思いますが実は、お箸の取り上げ方を覚えておくといいかもしれません。

おしぼりの使い方 丸めているおしぼりは、広げないそうです。確かにこのように使用した方が育ちが良さそうに見えますね。そして、おしぼりは特別なことがない限り台拭き代わりにはしないように気をつけましょう。

箸置きを作るのは❌ お箸が入っていた袋で箸置きするのは衛生的にも避けた方がよいそうです。お箸を置く際は、お箸の先を箸袋に入れておくのがスマートです。

お皿は重ねない 食事した後に空いているお皿があると、店員さんへの配慮のためにお皿を重ねる方がいらっしゃいますがそれは本当はよくないとされています。理由は、お皿を傷つけてしまったり塗り部分が剥がれてしまう恐れがあるからです。

お料理は迷ったら左から お皿に様々な種類のお料理が出てくる時ありますよね。見た目も綺麗で、「どれから食べよう」と迷う時があります。好きなものは最後に食べよう〜ということもいいですが、大人の振る舞いは、左側の手前から食べることがよいとされています。


麺類は途中で噛み切らない 一口で食べられる分量を考えて麺を召し上がる様にしましょう。パスタを食べ終える頃に短い麺がお皿に残っている場合があり取りにくい思いをしたことがないでしょうか。それは、食べている最中に麺を噛み切ってしまうことが原因です。最後までしっかり食べられる量だけすくいましょう。


カトラリー(フォーク・ナイフ)の使い方

人差し指の置き方が間違えていらっしゃる方が多いとのことです。

正しくはこちらの写真をご覧ください。

カトラリーの置き方  イギリス式・フランス式・アメリカ式とスタイルが違います。お料理によって変えることが出来たら素敵ですよね。一般的に日本はフランス式が主流だそうです。

召し上がっている最中のカトラリーの置き方(休憩中):


お食事終了時のカトラリーの置き方:

カトラリーのタブー

  • お料理の上にカトラリーをおくこと

  • フォークを左から右に持ち帰ること

  • お皿にナイフをおく時に刃を外側におくこと

フォークの背にご飯を載せる

昔はフォークの背にご飯を載せて食べるのが主流でしたが今はフォークの腹に載せる方が一般的です。


デートといえば食事をする機会が多いと思います。今回はデートの最中に良い印象を与えられる所作についてお伝えしました。しかし、こちらの本にはたくさん知っといた方がよいマナーが書かれています。


例えば・・・

・ご友人などのご自宅への訪問時に気を付けること。  ⇨ホームパーティ時は待ち合わせ時間から○○分ほど遅れて到着する  ⇨訪問時は待ち合わせ時間から○分ほど遅れて到着する

・ショートケーキの苺を食べるタイミングは? ・焼き鳥や串ものの食べ方

などなど、盛り沢山です。


恋愛テクニッックも、情報として頭の中にあるだけでも安心します。大人のマナーとして記憶の中にあれば何かの時にきっと役に立ちます。



Amazon:

https://www.amazon.co.jp/dp/B0848KGZT4/ref=dp-kindle-redirect?_encoding=UTF8&btkr=1

23回の閲覧