検索
  • Ai Tanaka

結婚相談所Vs.マッチングアプリVs.街コン/合コン あなたはどれで婚活をする?(3/4:マッチングアプリ)

最終更新: 8月25日

婚活を頑張っていた3年間に700万円以上のお金を婚活に”投資”しました。

そこで、時間とお金をたくさん使わずに効率的に婚活ができるようにシリーズとして、「結婚相談所Vs.マッチングアプリVs.街コン/合コン あなたはどれで婚活をする?」を書いています。 前回は結婚相談所についてご紹介しました。結婚相談所に入会を考えている方は、こちらをご覧ください。


さて今回は、5人に1人が使っていると言われるマッチングアプリについてです。

マッチングアプリは効率よく使っていきましょう!


<こんな方にオススメ>

  • 婚活もしたいけど、恋愛もまだ楽しみたい方

  • 低予算で婚活をしたい方

  • ご自身で恋愛を始めることができる方


<メリット>

婚活だけでなく恋活をしている方もアプリに登録しているため、年齢層が幅広いです。

また、紹介人数やお見合い料は無く会おうと思えば何人でも会えます


そのため低予算で多くの人と出会えるチャンスがマッチングアプリのメリットです。さらに、可愛い女性も、かっこいい男性にも出会えるチャンスがあるのもマッチングアプリの最大の魅力だと思います。


<デメリット>

実際にデート相手に会える人と会えない人と両極端に別れます。いいねが多い人、少ない人と受け取ったいいねの数が数字で表示されます。いいねの数が多い人に人気が集まり、いいねが少ない人は、アプリに課金をして試行錯誤の対応が必要になります。


いいねの数が多い人はなぜ、さらにいいねの数を受け取れるのか理由は2つあります。


1:バンドワゴン効果

多くの人が支持するものに、人気がさらに高まることをバンドワゴン効果という行動心理学の1つです。お店に行った時に、「人気商品!」と書かれていると買いたくなることありますよね?それが、バンドワゴン効果と言います。いいねの数が多い人は、他のかたもいいねを押したくなります。


2:検索機能

アプリでお相手を探す際に、「おすすめ順」「ログインが新しい順」「いいねの多い順」「登録した日が新しい順」と選択肢があります。登録した当初は検索ページのトップに表示されるので、いいねが獲得しやすいのですが、その後いいねの数が少ないと検索の上位に上がることが難しいです。人気のある方は、どの検索方法でもトップに入りやすく多くの人の目に入ります。反対にいいねの数が少ない人は、検索ページの後ろの方で紹介され、いいねの数が減り、出会いが少なくなります。


そのためいいねの数が少ないと、マッチが難しいです。

だから、ご自身で積極的に、常にログインをし、アクティブ会員としてお相手を自主的に探す必要があります。

マッチングアプリは出会いが無限にあります。会える人は本当にたくさんの人とデートができます。ただ、これはメリットのようで実は、デメリットです。


その理由は、目移りしやすく、この人!と決めることが出来にくいからです。だから、ついついダラダラ婚活をしてしまいがちです。


<コメント>

ご自身の婚活市場での価値を知るにはいいツールかもしれません。


私がマッチングアプリを使い始めたのは、24歳です。24〜27歳までは、いいねの数は多くもらえました。登録した次の日には3桁に届きました。


しかし、29歳に再登録をするといいねの数は激減、そして30歳を過ぎてからはなかなか3桁に届きませんでした。


婚活市場では年齢が重要ということが嫌でも認知。

ご自身の検索基準(年齢・地域・年収などでお相手を検索する機能)でお相手を探すと可愛い人やカッコいい人が多くでてきます。


そうすると、こんなに多くの人から選べるんだ!と勘違いしてしまいます。

例えあなたがいいねを送っても、彼ら、彼女らがあなたにいいねの返事をするかは別ということを忘れがちです。


そのため、マッチングアプリの使用は、自分の婚活市場の価値をしっかり見極め使って欲しいと思います。


もし、仕事や趣味で忙しい、メールのやりとりが面倒臭い、苦手という方は、マッチングアプリサービスをうまく活用することも効果的です。


あなたは、デート当日の待ち合わせ場所にいくだけです。

コースのご案内は、こちらから。 お問い合わせは公式LINEにて受け付けています。お気軽にお問い合わせください。







40回の閲覧